Ayako Oshima/大島文(あや)子

Biography

Ayako Oshima, winner of numerous international competition including the 55th Japan Music Competition in Tokyo, the Winds and Percussion Competition in Japan, and the 17th International Jeunesses Musicales Competition in Belgrade, where she also received the “Golden Harp” award given to the favorite of the audience and critics, is one of the most popular clarinet soloists in Japan.

She performs on a regular basis both in recital and in concerto appearances with orchestra, highlights of which have included performances in Osaka, Nagoya, Kobe, Tanuma, at the Casals Hall, Keoi Hall, and Bunka Kaikan in Tokyo, and with the Hiroshima and Osaka Symphonies. She is quite active in chamber music festivals. Festivals at which Ms. Oshima has appeared include Kuhmo Festival in Finland, the Festival Consonances in France, the Sarasota Summer Music Festival, and in Japan the Mt. Fuji, Lilia International Chamber Music Festivals, and the Kirishima International Music Festival where in addition to performing and teaching she has produced innovative multimedia concerts for children on themes such as the composers Wolfgang Amadeus Mozart and George Gershwin, two centuries of music in Vienna, and music in Paris and the international Exposition of 1899, combining live performance, spoken text and computer generated slides and images.

Ayako Oshima has recorded for Toshiba EMI, Victor Japan, Naxos, and with “Mozzafiato” for Sony Vivarte. She has recently recorded “Songs of Japan” for the Aurora label and her most recent recording “Bel Canto” music for two clarinets will be released in September.

In addition to her performing career, she maintains a high profile as a teacher and is on the faculties of the State University of New York at Purchase, the Juilliard School, and Hartt College. She has kept her connection with the Toho School and gives regular master classes there. She has also served on the juries of both the Japan Music Competition and the Japan Winds and Percussion International Competition. She has founded and is the Director of the Kita Karuizawa Music Seminar which attracts clarinet students from all over Asia. With her husband, Charles Neidich, she has written a book on the fundamentals of clarinet technique for the publisher, Toa Ongaku Inc. and writes a monthly column on music and the clarinet for Pipers Magazine.

__________________________________________________________________________________

ソロクラリネット奏者及び室内楽奏者である大島文子(おおしまあやこ)桐朋学園大学音楽科を卒業後、アメリカ、イーストマン音楽院に留学。その後、第2回 日本管打楽器コンクール第2位、第55回日本音楽コンクール第1位、第17回ベオグラード国際コンクール第3位および聴衆と批評家が選ぶベストパフォー マーに贈られる「ゴールデンハープ賞」を受賞。
 1989年のカザルスホールでのリサイタルを始め、日本各地で数多くのソロリサイタルを行う。ま た読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、関西フィルハーモニー交響楽団等と共演している。夫のクラリネット奏者チャールズ・ ナイディックとともに古楽管楽器アンサンブル「モッツァフィアットMozzafiato」を結成。
 2006年、2007年、小澤征爾の厚き信頼 を得てサイトウ・キネン・オーケストラのメンバーに選ばれ、また2005年より毎年、夏に北軽井沢において姉大島直子とミュージックセミナーを開催。アジ ア各国から参加が集まり、多くの若いクラリネット奏者が巣立っている。2011年秋に日本初の女性クラリネットアンサンブル「NYリコリッシュアンサンブ ル」を結成。
現在ニューヨークを拠点とし、世界でも数少ない現代クラリネット及び古楽器クラリネット奏者として、日本、アメリカ、ヨーロッパ各地で演奏活動を行っている。
これまでに東芝EMI、ビクターエンタテインメント、ソニークラシカルよりCDをリリース。全曲アメリカ人の作曲家による3枚目のソロアルバム「American Snapshots 時空を超えて」をオクタヴィアレコードより、2008年には以前
より姉直子と積極的に取り組んできた「日本の歌」を集めたCD「十五の心」、2011年には姉直子と夫チャールズ・ナイディックとの「イル・コンベーニョ 出会い」をアウローラ・クラシカルよりリリースしている。
 現在、ジュリアード音楽院講師、ニューヨーク州立パーチェスカレッジ音楽院助教授及び、コネチカット州にある
ザ・ハートスクールでも後進の指導にあたっている。